京都観光ガイド、地元の人達が集まる穴場を紹介するブログ

京都市内に何度も滞在したことがあっても、これは知らなかったという情報を掲載している本や雑誌、そのほかには誰でも利用できる観光案内所などを紹介しています。

京都観光、京都旅行と宿泊

京町家に路地一一京都に遊びに来る友人たちは、そういうところが京都らしいと言いますし、京町家を改装した飲食店やギャラリー、ゲストハウス、それらは路地奥にあったり、また通り抜けできる路地もあり、そのあたりを中心に取り上げたいと思っています。

宿泊は、穴場の素泊まりで:

旅する京都 お泊まり案内 (らくたび文庫)

京都市内では最近、ホテルのオープンが相次いでいて、手頃な価格帯でいくらでも見つかります。

風変わりなところでは、2010年度グッドデザイン賞を受賞したスタイリッシュなカプセルホテルや清水寺近くにある町家のユースホステル、祇園近くの素泊まり可能な旅館や女性に人気の町家のゲストハウスまで、穴場がたくさんありますよ。

四条烏丸 COCON KARASUMA 観光案内所

観光を専攻する学生ボランディアが運営する観光案内所です。行事の詳細や観光地へのアクセス、その周辺情報として飲食店や土産物の案内、すでに行き先が決まっている場合には、そのプラン上で参考になる情報などを教えてくれます。また、下記Twitterへ問い合わせれば、Replyを送ってもくれますよ。

京都の路地には不思議な魅力がある

京の路地裏案内 (らくたび文庫 No. 35)

鰻屋さんの横にある細い路地を覗くと小さな看板が見え、そこは居心地のいいカフェだったり、人が行き交う通りに面した服屋さんの横、見落とすような細い路地の奥に何軒かの飲食店がある。

今では民家を転用したお店が増えたことで、京都の路地の魅力を多くの人に知ってもらえるようになりました。

京都の穴場、買物、街角と写真:


Japan - Kyoto by Marc Veraart on Flickr

さらさ西陣

普段は西陣にあまり立ち寄らないけれど、東京在住の友人のお気に入りだから、京都に遊びに来ると必ず行くし、さらさ西陣さんは、あの建物にしてまさかカフェだとは思わなかったと、写真を撮ってさっそくTwitterに流していたな〜

京都の街とライフスタイル:

本屋の窓からのぞいた京都 ~恵文社一乗寺店の京都案内~

連休ともなれば遠方からも訪れる人がいるという恵文社さんは、主に新刊書を扱う書店ではなく、テーマ別の本棚を設置する“セレクトショップ”といった品揃えが人気です。ギャラリーも併設されていて、関連するイベントのほか、ワークショップや講演会なども開催されていて、自家焙煎のコーヒー屋さんが出張してくることも。全国にファンがいると言われるほど、webでの情報発信も活発に行われていて、その中心人物である店長さんによる京都案内が「本屋の窓からのぞいた京都」という本になりました。

カンバラクニエ「すりばち眼鏡」

すりばち眼鏡

音楽雑誌に連載されていたイラストと写真と言葉の数々が単行本として出版されましたね。発売日を心待ちにしていて、すでに何度か眺めましたし、イラストが本当に素晴らしい。京都市内在住であり、京都の日常を綴ってありますから、街の暮らしを体感するも良し、美しいイラストを眺めるも良しの一冊になっていますよ。

京都の穴場グルメ:

最新京都美味ガイド―本当におすすめしたいお店275軒

大人気ブログの著者による第2弾「最新京都美味ガイド―本当におすすめしたいお店275軒」が発売になりました。取材の様子はブログでも伝えられ、日に4軒ほどは当たり前の状態で、印刷された写真に納得がいかず、発売延期一一ゆえに渾身の作品に仕上がっています。

日本料理などの掲載もありますが、手頃でおいしい、そんなお店がたくさん紹介されていますから、京都のグルメガイド本として、ぜひ一冊どうぞ。

東洞院通仏光寺「プチジャポネ」

四条烏丸周辺で、お気に入りのケーキ店のひとつ、プチジャポネさん。こちらは、バースデーケーキなどのホールケーキが見た目、味わいともお見事で、ここに決めているという友人がいます。ショーケースには、その味わいが想像できないようなケーキ、それでいて外れたことがないのだから、当然のことながら行くのが楽しみになるのです。

京都市内にはスペイン・バルがいっぱいある

スペインのBARがわかる本―グラナダ・バルの調査記録報告書

京都ロイヤルホテル&スパの北側にポキートというバルが開店して、バルに興味を持ち出した頃にプレゼントしてもらった一冊。その頃はまだブームになる前で、関西の情報誌に特集されたのをきっかけにして京都市内にバルが一気に増えました。